iPhone14(仮)のラインナップは4種類?画面内蔵型のタッチIDが搭載されるかも?【Apple】

Apple
スポンサーリンク

まだ先の話ですが・・・2022年発売のiPhoneに関する情報が出てきました。

TF International Securitiesの有名アナリストのMing-Chi Kuo氏が2022年発売予定のiPhone14(仮)に関する予想を投資家向けのレポートの中で述べています。

予想まとめ
  • ラインナップは4種類
  • 画面内蔵型タッチID搭載
  • 4800万画素の広角カメラ搭載

詳細を解説していきます。

スポンサーリンク

iPhone14(仮)のラインナップは4種類?

Kuo氏によると、iPhone14(仮)シリーズのラインナップは4種類になりそうとのことです。

ただし、画面サイズは6.1インチと6.7インチの2種類のみのようです。

iPhone12miniのような5.4インチの画面サイズはなくなる可能性が高そうです。

  • iPhone / 6.1インチ
  • iPhone Pro / 6.7インチ
  • iPhone / 6.1インチ
  • iPhone Pro / 6.7インチ

の4種類になるのでしょうか。

iPhone12miniを愛用している自分にとっては残念なニュースです。

iPhone14(仮)には画面内蔵型のタッチIDが搭載される?

同じくKuo氏によると、iPhone14シリーズには画面内蔵型のタッチIDが搭載される可能性があるとのことです。

ただし、コストカットのため通常のiPhoneシリーズには搭載されず、ハイエンドのiPhone Proのみに搭載されることになりそうです。

Face IDはマスク使用時、ベットで横になっている時など使いにくいシーンがあるのでこれは朗報です。

iPhone14(仮)には4800万画素の広角カメラが搭載される?

同じくKuo氏によると、iPhone 14 シリーズには4800万画素の広角カメラが搭載される可能性があるとのことです。

ただし、これもiPhone Proのグレードのみの搭載となりそうです。

iPhone12シリーズは1200万画素ですが、私の使い方であれば十分なスペックなので4800万画素のメリットがあるかどうかというと微妙ですが。。

まとめ

予想まとめ
  • ラインナップは4種類
  • 画面内蔵型タッチID搭載
  • 4800万画素の広角カメラ搭載

新たな情報があれば随時更新していきます。

※これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

(Source : MacRumors)

コメント

  1. […] iPhone14(仮)のラインナップは4種類?画面内蔵型のタッチIDが搭載されるかも?【Apple】…life-value-up.com2021.06.24 iPhone14(仮)のラインナップは4種類?画面内蔵型のタッチIDが搭載されるかも? […]

  2. […] こちらの記事も合わせて読みたい iPhone14(仮)のラインナップは4種類?画面内蔵型のタッチIDが搭載されるかも?【Apple】…life-value-up.com2021.06.24 iPhone14(仮)はノッチ廃止→パンチホールに […]

タイトルとURLをコピーしました